Tag Archive for 試験対策

「ただのサラリーマンが時間をかけずに半年でTOEICテストで325点から885点になれたラクラク勉強法」を読みました

題名がとっても長いこの本、長すぎて上手く略称にすることもできない位長い。しいて略すのなら「ただラク」か「ただべん」位でしょうか?良く売れているようですね。

これは教材ではなく、多少の攻略法も含まれてはいますが基本的には勉強法が書いてある本です。
作者は英語関係者ではなく、題名の通り普通のサラリーマンで、”TOEIC満点”とかのすごい人ではなく925点ほど取っている実力の人のようです。僕と同じですね。
このため、題名の885点というのは過少広告です。
TOEICのスコア分布は500点台が山になっているので少し低めに出しておいた方がよく売れるということでしょうか。

この本で紹介されている勉強法の特徴は、「TOEICに出ることだけやる」「基礎からやる」「スキマ時間でやる」と言ったところでしょうか。

「TOEICに出ることだけやる」というのは、リスニングとリーディングだけやり、スピーキングやライティングを無視するということだったり、スラングや英字新聞レベルの難しい単語や文はやらないという意味です。
確かにスピーキングはTOEICには関係ないので、発音を良くしてもスコアには影響しないし、ライティングもないのでスペルをしっかり憶えなくても構わない(私はthroughとthoughを見間違えて混乱したことあります。書けなくてもいいけど見てわからないとマズイかな)。
こんな感じで、色々と割り切って捨てて勉強効率を上げるというのはTOEICのスコアアップだけを目的にすれば合理的です。合理的すぎてそれでいいのかとツッコミたくなりますが、間違ってはいないですね。

「基礎からやる」というのは同感です。基礎が抜けていると伸びませんし、基礎だけでもTOEIC程度の簡単な英語ならかなり対応可能ですしね。難しい文法事項やパート5の語彙問題レベルの難しめ単語を知っていてもなかなかTOEICに出ませんから、それより簡単な英語を高速で処理できる方がよっぽどスコアにつながります。

「スキマ時間でやる」というのは言われなくてもサラリーマンのTOEIC受験者はみんなやってると思いますが、「ランニングしながら英語を聞く」など徹底していますね。

その他、先読みやDirectionsの時間の使い方など試験の攻略法の解説や、推奨教材などが書いてあります。推奨教材は公式問題集など私とかなり被ってますね。

TOEICを何回も受けているTOEIC通の方や上級者、また、TOEICではなく英語を勉強したい人にはあまり役立たないと思いますが、手っ取り早くTOEICで700点位取りたい人には多分いい本なのではないかと思います。

「TOEIC-TEST-成功をつかむ条件-キム・デギュン」

一番好きなTOEIC本著者を挙げろと言われれば僕はキム・デギュンです。いわゆる”キム本”の「正解が見える」に出会って、衝撃を受けたクチなので。

このキム・デギュン先生の本として昨年末久しぶりにの「本気のリーディング」「本気のリスニング」の2冊が出ましたが、本屋をのぞいたらまた見慣れないキム本が出ていました。「TOEIC TEST 成功をつかむ条件」と言うちょっとおおげさな題名の本です。

おっと思って手に取ると、出て2週間ほどの出したてホヤホヤの本です。
今度は、イクフン本が当たっていそうなスリーエーネットワークからの出版です。

カバーのデザインがきれいです。中身はちょっと変わった構成の本で、

パート1は、心構えから始まる勉強法というかTOEIC向け自己啓発コンテンツが書かれています。キム先生とても熱いです。俺も頑張らなきゃと思わせられました。

かっこいい一節引用します

 「1つの文を自分のものにするには、100回以上反復しなければならない。10回も聞けば充分だという考え方は捨てよう」

ヤバイです

パート2は、TOEIC各パートの出題傾向分析、攻略法、対策、重要事項がまとまっています。刊行から少し時間が経った「正解が見える」の現代版ともいえるでしょう。
分量は多くも少なくもなく、初心者から860点台狙いまで対応するなかなかの重要事項濃縮具合だと思います。内容のクオリティはキム・デギュンなので悪いわけはなく最高でしょう。

パート3は、TOEICに関する100の質問にキム先生が答えるというもの。面白いような役に立つようなそうでもないような…

という盛りだくさん加減。

この本は日本向けの書きおろしのようで、そのおかげか韓国のTOEIC事情が紹介されており、そのモーレツぶりには我々との気合の差を感じました。ていうか韓国でTOEIC受験から締めだされたので2年間日本まで来てTOEICを受けていたというキム先生のモーレツぶりも凄いです。

私は手抜き勉強派なので、読んでいると少し恥ずかしいような申し訳ないような情けないような気もしてきました。

この本を読んで、こんなグータラだから俺はダメなんだと思ってしまいましたが、すでにアラフィフの僕の人生は今さらもう手遅れと気づいてしまい、どうせ手遅れならやっぱりグータラでいいかと思ってしまうダメぶりに自分であきれます。

試験対策が書かれているパート2は、全TOEIC受験生に必携級の内容だと思いますが、更にパート1は特に若い人がTOEIC勉強に気合を入れるのにいいと思います。

パート2が別冊になったりするとコンパクトで電車勉強にいいかななんてことも思いますが、この本のボリュームでこの価格ならお買い得に感じます。

結論として「TOEIC-TEST-成功をつかむ条件」は、おすすめです。さすがキム・デギュン。
これは「新・キム本」になるんじゃないかな。

TOEICスコア800点~860点を狙う作戦

800点というと上位1割位の人が取るスコアですから、ちょっと大変になってきます。
ちなみに大学受験で上位1割というと、今は受験生減ってますから旧帝一工医+早慶で大体1割弱位でしょうか。

これくらいになると、間違ってもいいのは200問中25問程度。勉強で捨てられるところはもうありません。 » Read more..

TOEIC「特急」シリーズ<2>

TOEIC本で一番売れていそうな「特急」シリーズ。
以前書いた、TOEIC「特急」シリーズ<1>で、「文法特急」「単語特急」「読解特急」をご紹介しましたが、他にも「特急」シリーズはまだまだありますからご紹介しておきます。このシリーズどんどん増えて行ってますからね。
新書版で小型軽量なので電車の中でも勉強しやすい社会人には特にありがたいシリーズです。

有名講師に書いてもらっていて、中身の質にも定評があるシリーズですね。

単語特急シリーズの続きみたいな塾語本「新TOEIC TEST 熟語特急 全パート攻略」

例題形式の熟語本です。単語特急シリーズが性にあった人が次にやるのに良さそうです。単語特急より特にレベルが上がっているということはなく、頻出塾語、フレーズが収められています。



珍しい小型軽量の試験対策本「新TOEIC TEST正解特急 ルール55」。

英語力がある人が、試験対策だけさらっと済ませたい人には安いし良いのではないでしょうか。但し、コンパクトなだけに例題等は多くないです。


さらに珍しい小型軽量かつ初心者向けの試験対策本「新TOEIC TEST 入門特急 とれる600点」というのもあり。

このレベルで試験対策していたら先伸びないんじゃないかとも思いますが、それでも目の前のTOEICで効率よく点を取るなら、試験対策は効率いい方法であるのは確かです。



これも珍しい小型軽量の模試本「新TOEIC TEST模試特急 200問一本勝負」。

時間を計って模試として解く上で、小さくてやりにくそうな気がしてこの本は買っていませんが、小型軽量なので通勤時などにやった後の復習がやりやすいというメリットはあるでしょう。
また、1回分だけ模試やっておきたいという場合に使えるでしょう。1回分だけの模試本って少ないですから。


試験対策本として今のところ最新の「新TOEIC TEST 総合対策特急 正解ルール55(CD付き) 」この本は新書版より大きいです。

出題傾向分析とテクニック解説のバランスが取れたなかなか良い試験対策本。他の試験対策本で見たことのない正解ルールなどもあり、中級者~TOEICオタクまで対応。模試1回分付き。



600点~730点狙いの模試付き試験対策本「新TOEIC TEST 総合模試特急 はじめてでもまるごと完成(CD付き)」。この本も新書版より大きいです。

はじめての受験者~比較的初心者向けに書かれた試験対策本。割と新しい狙いですね。
確かにキム本もヒルキ本も入門者にはレベルが高すぎるので、試験慣れしていない初心者こそ、試験対策本が効くはずなのにいい本がないという問題がありました。
「パート5は一問30秒で」とか、初心者には過酷です。
テクニックや回答のコツ、重要単語集など試験対策コンテンツが書かれており、模試も1回分付いています。初心者限定ですがいい本かも。


特急シリーズは、TOEICマス層の中級者向けが多いですが、上級者向けの「新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6」というのもあり。

文法特急とは著者が異なるため名前は違いますが、狙いや構成は同じ本ですね。問題は骨があり、間違えがちなものが集まっているので、頻出度はそれほどでもなさそうですが、取りこぼさないためにはこれくらいやらないとと言う感じです。

TOEIC対策の勉強<試験対策>

TOEICは

  • 試験のフォーマットが決まっていて毎回同じ
  • 全て選択式の回答
  • 基本的に時間が足りない

という特徴を持った試験です。

このため、TOEICは試験対策やテクニック次第で100点差が付く試験と言われています。 » Read more..