Tag Archive for 問題集

キムデギュンTOEIC本気のリスニング&リーディング

韓国のTOEICカリスマ講師キム・デギュン氏の新しい本が2冊ほど出ました。
この、キム・デギュン氏はどうにも最高です。出題傾向の分析と回答テクニックに関しては世界一のTOEICカリスマじゃないでしょうか。

試験対策本の至高。『TOEIC Test「正解」が見える』が代表作ですかね。

この本は依然絶賛されているものの、出て4年ほど経っているため、難化する最新のTOEIC出題傾向とは若干ずれてきているとも言われていました。それでも私は神本だと思いますけど。後半のパート5対策など最高です。

で、最近のキムデギュンさんの本は問題集などで、鬼の出題傾向分析が披露されていなかったのですが、ついに出ましたよ。解説つきの本が。
「キムデギュン本気のリスニング」&「キムデギュン本気のリーディング」です。

まだ立ち読みしただけですが、参考書と問題集の中間と言うか、問題集が主で参考書が従くらいの構成の本ですね。
リスニング、リーディング共に本番2回分の200問の問題が収められ、これに出題傾向分析と頻出語句集などが付いています。

キムデギュンさんですから、出題傾向分析に期待しちゃいますが、量的にはそんなに多くないんですよね。しかし、参考書部分のボリュームを抑えた分、中身が頻出問題に絞られて内容が濃くなっており、かなり芯食った中身になっていると思います。

出題頻度の低い問題まで抑えていないので、860以上を狙う人には物足りなそうな気もしますが、700点台狙いの人が手っ取り早く対策するのにちょうどいい位の内容ではないかと思います。キム本だから悪いわけはないです。

買って、やったらまた報告しようと思います。

TOEICスコア800点~860点を狙う作戦

800点というと上位1割位の人が取るスコアですから、ちょっと大変になってきます。
ちなみに大学受験で上位1割というと、今は受験生減ってますから旧帝一工医+早慶で大体1割弱位でしょうか。

これくらいになると、間違ってもいいのは200問中25問程度。勉強で捨てられるところはもうありません。 » Read more..

TOEIC対策の勉強<単語強化>

知らない単語は読めても聞けても意味は分からないはずで、リスニングも、リーディングもベースに単語力がないとどうにもなりません。
リーディングで時間が足りないという人の多くが実は単語不足だったりします。
また、TOEICではない実用英語としても、単語が出てこなくて話せない、単語を知らなくて聞いてもわからないことがけっこうあるのではないですか? » Read more..

TOEIC対策の勉強<リスニング>

DUOのやりこみが終わっていれば、ずいぶんリスニング力も付いてきたのではないかと思います。このレベルになれば、TOEIC用の音声で勉強してもかなり聞き取れると思いますから、勉強になりますし、全然聞こえない状態より勉強がつらくなくなってきているのではないでしょうか。

そんなわけで、そろそろTOEIC本やりましょうか。TOEICスコアでいえば650点位からTOEIC本をやるのがいいのではないでしょうか。 » Read more..