Tag Archive for 勉強法

「ただのサラリーマンが時間をかけずに半年でTOEICテストで325点から885点になれたラクラク勉強法」を読みました

題名がとっても長いこの本、長すぎて上手く略称にすることもできない位長い。しいて略すのなら「ただラク」か「ただべん」位でしょうか?良く売れているようですね。

これは教材ではなく、多少の攻略法も含まれてはいますが基本的には勉強法が書いてある本です。
作者は英語関係者ではなく、題名の通り普通のサラリーマンで、”TOEIC満点”とかのすごい人ではなく925点ほど取っている実力の人のようです。僕と同じですね。
このため、題名の885点というのは過少広告です。
TOEICのスコア分布は500点台が山になっているので少し低めに出しておいた方がよく売れるということでしょうか。

この本で紹介されている勉強法の特徴は、「TOEICに出ることだけやる」「基礎からやる」「スキマ時間でやる」と言ったところでしょうか。

「TOEICに出ることだけやる」というのは、リスニングとリーディングだけやり、スピーキングやライティングを無視するということだったり、スラングや英字新聞レベルの難しい単語や文はやらないという意味です。
確かにスピーキングはTOEICには関係ないので、発音を良くしてもスコアには影響しないし、ライティングもないのでスペルをしっかり憶えなくても構わない(私はthroughとthoughを見間違えて混乱したことあります。書けなくてもいいけど見てわからないとマズイかな)。
こんな感じで、色々と割り切って捨てて勉強効率を上げるというのはTOEICのスコアアップだけを目的にすれば合理的です。合理的すぎてそれでいいのかとツッコミたくなりますが、間違ってはいないですね。

「基礎からやる」というのは同感です。基礎が抜けていると伸びませんし、基礎だけでもTOEIC程度の簡単な英語ならかなり対応可能ですしね。難しい文法事項やパート5の語彙問題レベルの難しめ単語を知っていてもなかなかTOEICに出ませんから、それより簡単な英語を高速で処理できる方がよっぽどスコアにつながります。

「スキマ時間でやる」というのは言われなくてもサラリーマンのTOEIC受験者はみんなやってると思いますが、「ランニングしながら英語を聞く」など徹底していますね。

その他、先読みやDirectionsの時間の使い方など試験の攻略法の解説や、推奨教材などが書いてあります。推奨教材は公式問題集など私とかなり被ってますね。

TOEICを何回も受けているTOEIC通の方や上級者、また、TOEICではなく英語を勉強したい人にはあまり役立たないと思いますが、手っ取り早くTOEICで700点位取りたい人には多分いい本なのではないかと思います。

「TOEIC-TEST-成功をつかむ条件-キム・デギュン」

一番好きなTOEIC本著者を挙げろと言われれば僕はキム・デギュンです。いわゆる”キム本”の「正解が見える」に出会って、衝撃を受けたクチなので。

このキム・デギュン先生の本として昨年末久しぶりにの「本気のリーディング」「本気のリスニング」の2冊が出ましたが、本屋をのぞいたらまた見慣れないキム本が出ていました。「TOEIC TEST 成功をつかむ条件」と言うちょっとおおげさな題名の本です。

おっと思って手に取ると、出て2週間ほどの出したてホヤホヤの本です。
今度は、イクフン本が当たっていそうなスリーエーネットワークからの出版です。

カバーのデザインがきれいです。中身はちょっと変わった構成の本で、

パート1は、心構えから始まる勉強法というかTOEIC向け自己啓発コンテンツが書かれています。キム先生とても熱いです。俺も頑張らなきゃと思わせられました。

かっこいい一節引用します

 「1つの文を自分のものにするには、100回以上反復しなければならない。10回も聞けば充分だという考え方は捨てよう」

ヤバイです

パート2は、TOEIC各パートの出題傾向分析、攻略法、対策、重要事項がまとまっています。刊行から少し時間が経った「正解が見える」の現代版ともいえるでしょう。
分量は多くも少なくもなく、初心者から860点台狙いまで対応するなかなかの重要事項濃縮具合だと思います。内容のクオリティはキム・デギュンなので悪いわけはなく最高でしょう。

パート3は、TOEICに関する100の質問にキム先生が答えるというもの。面白いような役に立つようなそうでもないような…

という盛りだくさん加減。

この本は日本向けの書きおろしのようで、そのおかげか韓国のTOEIC事情が紹介されており、そのモーレツぶりには我々との気合の差を感じました。ていうか韓国でTOEIC受験から締めだされたので2年間日本まで来てTOEICを受けていたというキム先生のモーレツぶりも凄いです。

私は手抜き勉強派なので、読んでいると少し恥ずかしいような申し訳ないような情けないような気もしてきました。

この本を読んで、こんなグータラだから俺はダメなんだと思ってしまいましたが、すでにアラフィフの僕の人生は今さらもう手遅れと気づいてしまい、どうせ手遅れならやっぱりグータラでいいかと思ってしまうダメぶりに自分であきれます。

試験対策が書かれているパート2は、全TOEIC受験生に必携級の内容だと思いますが、更にパート1は特に若い人がTOEIC勉強に気合を入れるのにいいと思います。

パート2が別冊になったりするとコンパクトで電車勉強にいいかななんてことも思いますが、この本のボリュームでこの価格ならお買い得に感じます。

結論として「TOEIC-TEST-成功をつかむ条件」は、おすすめです。さすがキム・デギュン。
これは「新・キム本」になるんじゃないかな。

「ネイティブが教えるTOEICテストシンプル勉強法」

ネイティブが教えるTOEICテストシンプル勉強法

「ネイティブが教えるTOEICテストシンプル勉強法」という本を読みました。

この本はいろんな意味でとてもユニークで新しい本でした。

何しろ、推奨される勉強法が「とにかく英文を読む」ことなのです。多読ってやつですね。 » Read more..

電車の中は悪くない勉強部屋

私のTOEIC勉強時間のおそらく7割位が電車の中だったのではないかと思います。幸か不幸か長距離通勤者なので乗っている時間も長いですし。
後になって思うのは、この電車の中で勉強する癖をつけたというのがなかなかよかったです。

この電車の中は考えてみると実はなかなか良好な勉強環境です。

  • 話しかけたりお願いをしに来る子供たちがいない。
  • 苦情を言ったり用事を言いつけたりする妻もいない。
  • 時間を浪費しがちなインターネット端末もない。
  • 仕事の書類は人が見てるので広げられないので仕事も出来ない。
  • 電話が鳴っても出なくていいというか出ないほうがマナー的に良い。
  • 気が散りやすいテレビもない。

こんな環境ほかにありますか?家族持ちの人なら分かると思いますが、これは相当いい環境ですよ。ぼーっとするか、寝るか、新聞や本読むか、メールするか、勉強するか位しかやることの選択肢がありませんから勉強しやすいはずです。

家で睡眠時間や家族との会話を削って勉強することに比べれば、電車の中での勉強は失うものがとても少ない。勉強しなきゃ損だと思いますよ。

電車勉強を上手く行かせるには電車内で他の行動ができなくすることをお勧めします。具体的には

  • TOEICに関係のない本や新聞を持ち込まない、どうしても新聞読みたければ中級者以上なら英字新聞と電子辞書をどうぞ。
  • TOEICに関係のない音楽を持ち込まない。MP3プレーヤーは英語専用機とし、音楽を入れない。
  • ネットを見ない。このためスマートフォンをいまだに持っていません。

電車はうるさいという難点はありますが、そんなのノイズキャンセリングヘッドフォンすれば全然平気です。

座れない場合は公式問題集など重い本はややしんどいですが、「1日1分」シリーズ「特急」シリーズなら軽いので平気です。

僕の場合老眼なので、距離を離さないと見えないので混んでいる電車では厳しかったりしますけど。

更に、出張で新幹線乗る時などはもう最高の勉強環境です。机もありますから、模試までできちゃいます。TOEICの直前に出張ないかなと思っていたのですが、残念ながらなかったですね。出張ならホテル勉もできますし。
ホテル勉はいいですよ。作家が締め切り前にホテルにカン詰めにされるというのは良く分かります。邪魔が入らなくて効率最高ですから。

TOEICスコア800点~860点を狙う作戦

800点というと上位1割位の人が取るスコアですから、ちょっと大変になってきます。
ちなみに大学受験で上位1割というと、今は受験生減ってますから旧帝一工医+早慶で大体1割弱位でしょうか。

これくらいになると、間違ってもいいのは200問中25問程度。勉強で捨てられるところはもうありません。 » Read more..

TOEIC700点~750点を狙う作戦

600点でよければ、パート3、パート4、パート7を半分捨てて、効率よく勉強してスコアアップが狙えたのですが、700点以上を狙うとなると、パート3、パート4、パート7でもある程度スコアメークが出来ないと厳しくなりますね。600点と700点は必要とされる勉強が割と違いますね。 » Read more..

TOEICスコア600点狙いの作戦

まずはTOEICでスコア600点を獲得するための初心者向けの作戦を立ててみます。600点はTOEIC 受験者の中でも真ん中より上のスコアで十分立派なスコアですが、これくらいならなんてことありません。

600点狙いの作戦としては

  • 頻出する問題や単語に勉強するものを絞り、あとは捨てる。
  • 学習の効果が短期間で出やすいものに絞り、あとは捨てる。
ということで十分いけると思います。分からない問題も沢山あるでしょうが、マークシートですから適当にマークしておけば当たる時もあるので大胆に捨てちゃいましょう。
学習範囲を絞るので、勉強時間も、参考書も節約できます。そして、次により上を目指したくなれば、捨てたところを押さえていけばいいのでやりやすいと思います。
具体的に捨てるところは、パート3、パート4、パート7です。
実際には簡単なものは拾っていけると思いますが。長いリスニングや速読力は少し修行しないと対応できないので。
やることはまず、単語です。
中学英単語のチェックとリスニング修行も兼ねてDUO3.0&復習用CDの聞き込みを。

単語が聞いて分かれば、文章が定型パターンに近いパート1はそれだけである程度勝負できますし、DUOのレギュラースピードが聞ければ、パート2もかなり聞けるはず。

パート7も簡単な文ならば1問1分はムリでもある程度は答えられるようになると思います。

リスニング修行は後述する公式問題集の復習で行ないます。

 

リーディングパートの対策は、パート5とパート6に絞ります。

中学文法本としてこれをやったあとで、

文法参考書として「TOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継」をやり、

ものたりなければ電車の中では「特急シリーズ」の文法特急などもやってもいいです。

これで、パート5とパート6は勝負できるようになったと思います。

そして公式問題集、最低1冊、できれば2冊。

リスニングのパート1、パート2はこの公式問題集で仕上げます。

時間を計って模試をしてみた後は、パート1、パート2を憶えてしまう位徹底的に聞き込みます。公式問題集は本番とナレーターが同じなので、公式問題集の音声に耳を慣らすのです。

DUOが聞けるようになっていれば、これで十分パート1、パート2は勝負になると思います。

パート5、6の復習もちゃんとやりましょう。

1冊は公式問題集、もう一冊はこの「新TOEIC TEST 総合模試特急 はじめてでもまるごと完成(CD付き)」でもいいかもしれませんね。模試は1回分しかないんですが、テクニックや回答のコツなどが色々と書かれています。

これで、パート1、パート2、パート5、パート6はそれなりに戦えますから、パート3、パート4、パート7が確率よりやや上で回答できればスコア600点は十分取れると思います。

パート7は前の方の手に負える問題だけちゃんと解き、残り時間1分になったら残りの問題は適当にマークシートを塗りつぶします。

中学英語が終わればそこからは人によりますが50~70時間の勉強でやれると思います。
一日1時間で2ヶ月ほどでしょうか。

これで600点は大丈夫、うまくいけば700も狙えると思います。

TOEICに向かない勉強法

TOEICはリスニングとリーディングの試験です。なので、スピーキングやライティングの能力は要りません。
発音が良かろうと悪かろうと点には関係ないわけで、それであれば発音を良くするトレーニングをするより、リスニングとリーディングのトレーニングした方が点になるでしょう。

TOEICは全て選択肢から選んでマークシートで回答します。ライティングもないので、単語の正確なスペルを知る必要はありません。聞き分けられて、見分けられれば十分です。書ける単語を増やすなら、その分聞き分けられて、見分けられる単語を増やした方が点が取れるでしょう。

TOEICはスラング等でませんし、ナマリの強いナレーターは出てきません。
スラングを知るより、TOEICに出そうな表現を知り、極端に速くないきれいな声に慣れたほうが点になります。

そう考えると、リピーティングやシャドーイングなどの音読系トレーニングは効率悪いのではないかと感じます。黙読より音読の方が時間がかかるので、一定の時間で読める量は黙読の方が多いはず。

恐らく、インプット能力のトレーニングはインプット量に比例するのではないかと思うので、音読は効率悪いのではないか説も持っていたりします。
電車じゃちょっと出来ないですしね。

あと、ディクテーション(音声の書き取り)も、ライティングの練習並びにリスニング能力のチェックアップとしての意味はありますが、書く作業に時間がかかってしまうので一定時間でのインプット量は減ります。
自分の頭の中で聞けたかどうか判断して、聞けなかったところを聞き返せばいいんじゃないですかね。
これも机がないとできないので、電車学習派にはできませんし。

勉強の素材で言えば、映画は単語、速度、発声などで、作品によりますが相当上級な素材なので、860点超える位までは、リスニングトレーニングにはならないでしょう。スラングばかり出てくる映画などとても不適です。
子供向けアニメなどは難しい単語こそ少ないものの、めちゃくちゃ速かったり、変な声だったり、幼児言葉交じりだったりでこれも不適です。

あと、聞き流すだけでリスニング力UPっていうのは多分無いと思います。集中しないとただのBGMなので英語だろうとアイヌ語だろうと多分一緒です。

リスニングの勉強であれば、自分のレベルに合った7割位理解できる、文章付きの音声素材を探し、聞き取れない部分をしつこくリピートして、音と字の関係を憶えていくことが一番いいと思います。

やりかたのコツは9割聞き取れればもう十分なので次行きましょうということでしょうか。”a””the”などの冠詞なんて聞き取れなくたってTOEICにはほぼ関係ないですし、更に”can”と”can’t”など意味が反対ですが、聞き分けができなくてもパート3やパート4なら文脈で分かることが多いですし。

音声素材としては、初級レベルでは中学英語→基礎レベルではDUO3.0の基礎用CD→その後はTOEIC参考書→英語ニュース等がいいのではないでしょうか。

パート7対策の速読トレということなら、ある程度単語を覚えたらその後はTOEIC本がいいですが、更にある程度読める人はWebのニュースサイトを読んだりしてもいいと思います。
Webだとオンマウス辞書が使えるので知らない単語が出てきても読みやすいですし。
NHK World
http://www.usatoday.com/

やる気の出ない時はスポーツとか好きな趣味の英語サイトを読んで勉強したことにするというのもたまにはいいんじゃないですか。そればかりじゃダメですけど。

TOEIC対策の勉強<試験対策>

TOEICは

  • 試験のフォーマットが決まっていて毎回同じ
  • 全て選択式の回答
  • 基本的に時間が足りない

という特徴を持った試験です。

このため、TOEICは試験対策やテクニック次第で100点差が付く試験と言われています。 » Read more..

TOEIC対策の勉強<リーディング>

TOEICのリーディングは、文法、語法、語彙などが問われるパート5、パート6と、基本速読力が試されるパート7に対策が分けられると思います。

リーディングパートの中でも、リスニングと同じように対策が効きやすいところと効きにくいところがあり、対策が効きやすいのはパート5、パート6。対策が効きにくく地力が求められるのがパート7です。 » Read more..