TOEIC初心者は中学英語参考書で復習を

このエントリをつぶやくClip to Evernoteシェア

いい大人が中学英語かよ!ってちょっと抵抗を感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、500点行かない人には、本当に中学英語の復習から入ることをお勧めします。
TOEIC用参考書の解説が理解できるようになりますし、中学でやる英語はTOEICはもちろんどんな英文でも頻出の単塾語だけでできていますから、ここを押さえておくとリーディングもリスニングも楽になるはずです。
TOEIC向け参考書での勉強が分からない所だらけでつらい人も、中学英語ならずいぶん楽に進められると思いますから、挫折した人のやり直しにもいいかもしれません。
復習する内容は、「単語、塾語」「英文法」です。
中学生向けの参考書はTOEICより部数が出るからでしょうか値段も安いので、一度復習してみることをお勧めします。

本当は教科書の音読などもけっこう良さそうなんですが、教科書は買うのが難しいので。

まず単語ですが、一押しはこれです。「例文で覚える中学英単語・熟語1800」。


この本は例文型といわれるタイプで、複数の単語を一つの例文に盛り込み、数を減らして憶えやすくすると共に用例も知ることができるというやつですね。
私の怪しい単語学習法理論にも即したタイプの教材です。



ベーシックなタイプだとこちら。聞けないとリスニングパートに役立たないのでCDは必要です。



一部にファンがいる「キクタン」の中学版。

チャンツなる方式の単語本で、複数の単語をリズムをつけて読む音声を聞き、リズムに合わせて音読して単語を覚えるというもの。
向く人と向かない人がいるようで絶賛する人も多いのですが、音読しようとすると電車の中では難しいですね。

次に文法ですが、

さらっと復習するならこの本。

ベーシックな参考書です。手元に置いておいて、TOEIC本の解説がわからないときに見るなど基礎的な文法のリファレンスとして使うのにも向いています。



よりしっかり復習するならこの本。


参考書というより問題がけっこう多いドリル形式の本。しっかり復習できます。TOEIC本の問題で間違いだらけだとへこみますが、中学英語で問題を連続正解できると自信になりやる気も出ます。


この本もレベル的に中学英語です。

参考書というより読み物に近く、勉強している感が薄いので、英語アレルギーの人にも向いている本ではないかと思います。中身は説明がていねいでしっかりしています。



中学英語なら、あとはDSソフトの「えいご漬け」が使えます。

このソフトは、英語の短文を聞き、それを書き取るディクテーションというトレーニングをさせられるものですが、語彙や例文が実に教科書的な英語で、中学英語復習にピッタリです。
続編の「もっとえいご漬け」は、旅行等での実用会話文例なので、TOEIC勉強にはオリジナルの「えいご漬け」を薦めます。

リスニングの練習は、聞けなかったところを何度も何度も繰り返し聞いて、この音はこれのことだと憶えていく作業で、音声を何度も何度も巻き戻す作業が必要です。
これが結構ipodなどではめんどくさいのですが、DSえいご漬けならタップするだけでもう一度再生できるのでリスニング入門者には助かります。

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをつぶやくClip to Evernoteシェア

2 comments

  1. kumiko より:

    はじめまして、我が家の大学生が受験するので、TOEICってどんなもの?と検索していて見つけました。たしかに基礎は重要ですね。
    私もテキストやってみたけど、時制とか主語とかしっかり聞き分けないとリスニングもできないし。
    しかし、中学の英語の本なんかないよーが実情ですが。

  2. admin より:

    コメントありがとうございます。
    TOEIC受けるなら受験英語の記憶が残っている大学生が絶対有利です。文法は完璧ですから、TOEIC風単語を憶えて、試験慣れすればいけますよ。
    中学英語は侮れないです。中学教科書に出ている例文の単語を入れ替えるだけで、日常会話は足りちゃうと思いますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です