TOEICに欠かせないDUO3.0のやりこみ

このエントリをつぶやくClip to Evernoteシェア

TOEIC受験者はもちろん、全ての英語学習者に一度は通過しておくことをお勧めする勉強法が、この単語教材”DUO3.0”のやりこみです。

リスニングだって音が聞けたとてしても、単語知らなきゃ文の意味は分かりませんし、リーディングでも知らない単語が少なければ読む速度が上がります。単語が足りない人って多いですよ。

英単語、熟語のボキャビル勉強はちょっとつらいんですが、先にこれをやっておくとその後の勉強の効率が全然上がりますから、中学英語復習の次は英語学習者全てに必携の傑作単語教材”DUO3.0”のやりこみをおすすめします。

600点位いかない人、もう少し取れるけど語彙やリスニングが苦手な人はつらいですがこれをやっておくべきだと思います。

で、この、”DUO3.0″は何なのかを説明すると。

<”DUO3.0″とは>

  • 複数の単語、塾語を一つの例文内に収めて学習するタイプの例文型単語教材の代表。
  • 特徴かつ長所としては、CDが別売で「基礎用」「復習用」の2種類あること。
  • レベルは高校英単語~センター試験レベル。難関大学やTOEICで760点狙うには少し足りないかも。

<なぜ、お勧めするのか>

収録単語、塾語のレベルがいい
“DUO3.0″中学英単語を終えた後、その次に頻出度の高い高校初級~中級レベルの単語塾語が収められています。このレベルの単語は、中学生向け単語本にも出ていませんし、まだまだTOEIC向け単語本には収められていない割に頻出するので、どこかでやっておくことが必要です。
ちなみに”DUO3.0″レベルまではどの試験でも必要な単語ですが、これ以上のレベルの単語をやるなら、大学受験、英検、TOFEL、TOEICといった試験ごとに出題傾向が違ってくるのでTOEIC用単語本を買ってください。

例文型だから
例文型の単語本は、憶えるべき対象が少なくなる上、文になれば関連してストーリーが生まれてくるため、単語をバラバラに覚えるより短時間でちゃんと覚えやすくできています。その上、どの前置詞を取るかなどの文中での用法も分かるわけでとてもお得。
例文型単語本は1文に無理やり単語を詰め込むので、不自然な文になりがちですが、その点”DUO3.0”は比較的英文が自然です。中学文法が分かれば解釈に困るレベルの文はないと思います。私の怪しい単語学習法理論にも即したタイプの教材です。

リスニング初級者のトレーニング素材として最良
この”DUO3.0″にはCDが2つあり、この基礎編CDの方には、例文のスロー読みとTOEIC程度のスピードの読みが両方入っている。この短文スロー読みはリスニング初級者にはとてもありがたいものですが、この本の他には意外となかったりする。

僕がある程度聞けるようになったのは相当DUOのおかげです。DUOと基礎用CDに出会わなければ、リスニングが出来るようにならなかったと思います。

スローが聞けるようになったら、今度はレギュラースピードのみの復習用CDで1時間で復習可能というのがこれがまたいい。

単語も熟語も文例も覚えられ、最高級の入門リスニング素材でもあるというとてもお買い得な教材。この本は受験生にも、TOFELerにも、英検ニストにも全ての英語学習者の基礎教材として推奨します。

<何を買うべきか>

DUO3.0には収録語数を減らしたDUOセレクトやカードタイプなど関連商品が色々ありますが、TOEIC受験者なら買うべきなのは「オリジナルの本」「基礎用CD」「復習用CD」の3つです。
レギュラースピードのリスニングに問題がない人は「基礎用CD」は要らないかもしれません。

カード式やDUOセレクトは収録単語が少なく、DUO3.0とダブるので、あとでDUO3.0買うと無駄になります。それで別に安いわけでもないので、買うならDUO3.0をお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをつぶやくClip to Evernoteシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です