TOEIC参考書に取り組む前に

このエントリをつぶやくClip to Evernoteシェア

私が一番言いたいのは、TOEICの勉強には効率の良い順序があるということです。
私はそれに気付くのが遅く時間を無駄にしたので、ここだけは強調しておきたい。

順番の基本はあたりまえですが「まず基礎から」です。

TOEIC学習をしている人は、TOEIC用の参考書を買って読んだりしていると思いますが、その参考書の文法事項の解説、用語も含めちゃんと理解できてますか?
特に注のない基礎的単語の意味が分からず、わからないままそのまま進めてたり、ムダに意味調べてないですか?
リスニングであまりにも聞ける単語が少なすぎて、お経でもたいして変わらない位のことになっていませんか?

こういう状態は凄く時間のムダです。まず基礎をやるべきです。

基礎固めにいい素材は、中学英語の教材です。

中学英語の教材は単語は基礎的でとても頻出度の高い単語・熟語ばかりなので、これらを知らないととてもめんどくさいことになります。
普通の英文に使われる単語の8割以上は”I””is””have”など日本の中学で習う単語だという話を聞いたことがあります。

中学文法は、英文の意味を取る上で知っておかないとまずいですし、文法用語を忘れているとTOEIC参考書の解説が理解できないはずです。困ったことにTOEIC参考書は中学文法や中学単語は理解している前提で書かれていますからそこが抜けている人がTOEIC参考書をやるのは効率悪いです。

それなりの高校受験直後の高校1年生はTOEIC500点くらい取れますから、中学英語が出来ていればTOEIC500点取れるということです。
スコア500いかない人は、だまされたと思って中学英語の復習してみてください。
中学英語は義務教育だけあって参考書も安いんですよね。

ちなみに、スピーキングやライティングですが、中学英語の文例の単語を入れ替えれば、感動的なプレゼンは無理でも普通の仕事や論文書きにはほとんどそれで足りるといいます。

次に、中学英語の復習を終えたらやるべきことですが、TOEIC本をやる前にまだやるべきことがあります。

高校レベルの単語、熟語学習です。

単語は高校レベルまではまだまだ頻出度が高い上、TOEIC向け単語本は、高校レベルをカバーしていないものが多いので、やっておかないとここが抜け落ちてしまいます。
TOEICは選択式なので正確なスペルを覚えなくてもいいですが、リスニングパートのために聞いてわかるようにしておく必要があります。
TOEICのリスニングはリーディングほど難しい単語はあまり出てこなくて、高校レベルまでの単語が多いですから。

一方で高校レベルの文法は全部やらなくてもいいと思います。TOEICで問われる文法事項は限られていますし、大学受験のような難しい文法事項は出ません。
そのため、TOEICのために高校文法を一通り復習するというのも効率悪いと思います。
高校文法の基礎的参考書を1冊手元に置いておき、TOEIC本の解説が理解できない時にそこだけ見るくらいでいいでしょう。

高校英語と言っても、大学受験用の難文読解用文法参考書や、高レベル単語集は不要です。
TOEICは大学受験のような難しい問題は出ません。その代わり時間が全然少ないのです。
大学受験式に返り読みしていると、まず時間が足りなくなりますから、文法ベースの読解はあまり使えないと感じます。

「中学英語」「高校単語(授業でやるレベルの)」を終えたら、TOEIC教材をやりましょう。
相当スイスイ進むはずですから、結局その方が早いんじゃないかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをつぶやくClip to Evernoteシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です