TOEICの勉強に必要な道具

このエントリをつぶやくClip to Evernoteシェア

 

TOEICの勉強をするにはいくつか必要なもの、あるといいものがありますので挙げてみます。

 

ノイズキャンセリングヘッドフォン

電車や飛行機の中で勉強する人は、通常のヘッドフォンだと音楽は聴けたとしても英語のリスニングには全く使い物になりません。
車内の騒音に負けずに、聞き取れるだけの音量に上げたら音漏れで回りの人に迷惑ですし、耳が悪くなりそうです。
耳栓型のヘッドフォンならある程度雑音も音漏れも減らしてくれますが、特にうるさい地下鉄だとそれでも厳しいです。

しかし、世の中にはいいものがあります。「ノイズキャンセリングヘッドフォン」というものです。

これは、ヘッドフォンが外界の騒音をモニターし、それと逆の位相の音を出して騒音を打ち消すというもので、かなり騒音を小さくしてくれます。
ちょっと大げさに言うと世界が変わります。TOEICの勉強をする人には必需品といえるのではないでしょうか。
難点はヘッドフォンの癖に電池が要ることくらい。また、歩いている時に後ろから車が来ても音が聞こえにくいないため気がつかなかったりするので、ちょっと注意しましょう。

値段は5000円ほどからありますが、英語学習ならそんなにいいものでなくてもいいと思います。

 

MP3プレイヤー

TOEICリスニングの勉強をするためにはMP3プレイヤーが必要です。
家でしかやらないということであれば、PCやCDプレイヤーがあればやれますけど、家でしか勉強しないなんてもったいない。
携帯電話やスマートフォンでももちろん構いませんが、MP3を聞くだけでも電気を消費するので、その場合は電欠対策をしたほうがいいかもしれません。

機種で英語学習にお勧めなのがソニーのウォークマンのAシリーズ、Sシリーズです。

お勧めのポイントは、
・音の高さを変えずに再生速度を早くしたり、遅くしたりできること。
・一押しで3秒巻き戻すボタンが付いていること。このボタンは聴けなかったところをリピートするのにめちゃめちゃ便利です。
・最初からノイズキャンセリング機能が付いている。

ウォークマンは語学学習機能がとても優れているので、新しくノイズキャンセリングヘッドフォンを買うのであれば、むしろ本体ごとこいつを買ってしまってもいいのではないかと思います。
そして、音楽を一切入れないという仕様にすると、より勉強がはかどります。

 

電子辞書

 必要というわけではないのですが、紙の辞書より軽量小型で速く調べられるので、英字新聞などTOEIC参考書以外でリーディング修行するときに有用です。中にはTOEIC修行向けのコンテンツを内蔵しているものもあり、それらを使って勉強することもできます。


これなどTOEICスペシャルの電子辞書です。コンパクトで運びやすく、調べやすいモデルで、更に、リスニングの修行も出来る機種です。

 


 

Nintendo DS

これも必要というわけではないですが、DSのTOEIC対策ソフトでいいものがいくつかあり、これらを使いたければDSを持つ必要があります。
現在のところ、英語学習をするだけであれば立体表示ができる3DSである必要はなく、前の機種のDSiやDS Liteで十分です。
スマートフォント比べるとデカイのですが、DSは電池が持ちますね。

 

スマートフォン

これも必要というわけではないですが、iPhoneもAndroidも少しづつ英語学習アプリが出てきており、TOEICの学習にも使えるようになってきています。
なにしろETSもいくつかアプリ出してますからね。
僕の場合、Webにつながっているとそこで時間を浪費してしまう悪癖があり、移動時間に勉強が出来るようにあえてスマートフォンを持たないようにしていますが、ちゃんと勉強できる人には使える道具になりつつあるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをつぶやくClip to Evernoteシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です