挫折しないために

このエントリをつぶやくClip to Evernoteシェア

挫折しやすいのが社会人の勉強ですが、挫折しにくくなる工夫をいくつか。

無理しない

張り切って高い目標を掲げるのは素晴らしいことですけど、意志の強さに自信がない人はあまり無理しないことを薦めます。
受験勉強していたころを思い出して気合を入れても、社会人だったとすれば、やはり仕事がありますから同じようにはできませんよ。

英語学習はどうしてもある程度の勉強時間が必要になってきますから、短期集中だけではムリ。勉強を継続することが欠かせません。
そのためには、無理せずにちょっとづつでもいいから続けること、スキマ時間の勉強だけでいいから続けることがいいと思います。

高い目標を立てて「今日は出来なかった」「今日も出来なかった」が続くと投げ出してしまいがちですから、目標自体は低くたてて、たまにやれる日は更にやる位でいいじゃないんでしょうか?

 

レベルに合った勉強をする

速くて全く聞き取れない英語を何度も何度も繰り返し聞くとか、1行に1個知らない単語が出てくる英文を読むとか、レベルの高すぎる学習はあまり成果につながらないですし、とてもつらいので勉強がいやになります。
どんな教材でも、7割は分かるくらいのレベルものに取り組み、これを9割分かるまで勉強する位が丁度いいと思います
着実に進歩していく実感があると、続けられるものです。

 

参考書を買う

本を買うと、やらなきゃなと思いますし、ノイズキャンセリングヘッドフォン買うと「電車に乗った以上英語聞かなきゃ」って思う効果があると思います。
大金をはたく必要はないですが、家にTOEIC本を積んでおくと自分へのプレッシャーにはなりますね。

もっと投資すると通信教育や学校に行くという手もありますが、良い本以上の教育内容を提供する学校や通信教育は多くないようですし、学校などは仕事の都合等で一度行けなかったりすると逆にいやになるのでそこまでは薦めません。
時間があってちゃんといつもレッスンに行ける人なら自分にプレッシャーをかける上では悪くないと思います。

 

TOEICに申し込んでしまう

「力が付いたら、TOEIC受けよう」と考えるのではなく、TOEICの受付が始まったら自動的に申し込んでしまい「TOEIC本番までに力をつけなきゃ」と、自分を追い込むのもいいですね。人間さすがに試験が近くなってくると勉強しなきゃと思うものです。
試験の3ヶ月位前から申し込みできるといいんですが。

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをつぶやくClip to Evernoteシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です