Archive for TOEIC参考書、問題集

「TOEIC-TEST-成功をつかむ条件-キム・デギュン」

一番好きなTOEIC本著者を挙げろと言われれば僕はキム・デギュンです。いわゆる”キム本”の「正解が見える」に出会って、衝撃を受けたクチなので。

このキム・デギュン先生の本として昨年末久しぶりにの「本気のリーディング」「本気のリスニング」の2冊が出ましたが、本屋をのぞいたらまた見慣れないキム本が出ていました。「TOEIC TEST 成功をつかむ条件」と言うちょっとおおげさな題名の本です。

おっと思って手に取ると、出て2週間ほどの出したてホヤホヤの本です。
今度は、イクフン本が当たっていそうなスリーエーネットワークからの出版です。

カバーのデザインがきれいです。中身はちょっと変わった構成の本で、

パート1は、心構えから始まる勉強法というかTOEIC向け自己啓発コンテンツが書かれています。キム先生とても熱いです。俺も頑張らなきゃと思わせられました。

かっこいい一節引用します

 「1つの文を自分のものにするには、100回以上反復しなければならない。10回も聞けば充分だという考え方は捨てよう」

ヤバイです

パート2は、TOEIC各パートの出題傾向分析、攻略法、対策、重要事項がまとまっています。刊行から少し時間が経った「正解が見える」の現代版ともいえるでしょう。
分量は多くも少なくもなく、初心者から860点台狙いまで対応するなかなかの重要事項濃縮具合だと思います。内容のクオリティはキム・デギュンなので悪いわけはなく最高でしょう。

パート3は、TOEICに関する100の質問にキム先生が答えるというもの。面白いような役に立つようなそうでもないような…

という盛りだくさん加減。

この本は日本向けの書きおろしのようで、そのおかげか韓国のTOEIC事情が紹介されており、そのモーレツぶりには我々との気合の差を感じました。ていうか韓国でTOEIC受験から締めだされたので2年間日本まで来てTOEICを受けていたというキム先生のモーレツぶりも凄いです。

私は手抜き勉強派なので、読んでいると少し恥ずかしいような申し訳ないような情けないような気もしてきました。

この本を読んで、こんなグータラだから俺はダメなんだと思ってしまいましたが、すでにアラフィフの僕の人生は今さらもう手遅れと気づいてしまい、どうせ手遅れならやっぱりグータラでいいかと思ってしまうダメぶりに自分であきれます。

試験対策が書かれているパート2は、全TOEIC受験生に必携級の内容だと思いますが、更にパート1は特に若い人がTOEIC勉強に気合を入れるのにいいと思います。

パート2が別冊になったりするとコンパクトで電車勉強にいいかななんてことも思いますが、この本のボリュームでこの価格ならお買い得に感じます。

結論として「TOEIC-TEST-成功をつかむ条件」は、おすすめです。さすがキム・デギュン。
これは「新・キム本」になるんじゃないかな。

キムデギュンTOEIC本気のリスニング&リーディング

韓国のTOEICカリスマ講師キム・デギュン氏の新しい本が2冊ほど出ました。
この、キム・デギュン氏はどうにも最高です。出題傾向の分析と回答テクニックに関しては世界一のTOEICカリスマじゃないでしょうか。

試験対策本の至高。『TOEIC Test「正解」が見える』が代表作ですかね。

この本は依然絶賛されているものの、出て4年ほど経っているため、難化する最新のTOEIC出題傾向とは若干ずれてきているとも言われていました。それでも私は神本だと思いますけど。後半のパート5対策など最高です。

で、最近のキムデギュンさんの本は問題集などで、鬼の出題傾向分析が披露されていなかったのですが、ついに出ましたよ。解説つきの本が。
「キムデギュン本気のリスニング」&「キムデギュン本気のリーディング」です。

まだ立ち読みしただけですが、参考書と問題集の中間と言うか、問題集が主で参考書が従くらいの構成の本ですね。
リスニング、リーディング共に本番2回分の200問の問題が収められ、これに出題傾向分析と頻出語句集などが付いています。

キムデギュンさんですから、出題傾向分析に期待しちゃいますが、量的にはそんなに多くないんですよね。しかし、参考書部分のボリュームを抑えた分、中身が頻出問題に絞られて内容が濃くなっており、かなり芯食った中身になっていると思います。

出題頻度の低い問題まで抑えていないので、860以上を狙う人には物足りなそうな気もしますが、700点台狙いの人が手っ取り早く対策するのにちょうどいい位の内容ではないかと思います。キム本だから悪いわけはないです。

買って、やったらまた報告しようと思います。

TOEIC「特急」シリーズ<2>

TOEIC本で一番売れていそうな「特急」シリーズ。
以前書いた、TOEIC「特急」シリーズ<1>で、「文法特急」「単語特急」「読解特急」をご紹介しましたが、他にも「特急」シリーズはまだまだありますからご紹介しておきます。このシリーズどんどん増えて行ってますからね。
新書版で小型軽量なので電車の中でも勉強しやすい社会人には特にありがたいシリーズです。

有名講師に書いてもらっていて、中身の質にも定評があるシリーズですね。

単語特急シリーズの続きみたいな塾語本「新TOEIC TEST 熟語特急 全パート攻略」

例題形式の熟語本です。単語特急シリーズが性にあった人が次にやるのに良さそうです。単語特急より特にレベルが上がっているということはなく、頻出塾語、フレーズが収められています。



珍しい小型軽量の試験対策本「新TOEIC TEST正解特急 ルール55」。

英語力がある人が、試験対策だけさらっと済ませたい人には安いし良いのではないでしょうか。但し、コンパクトなだけに例題等は多くないです。


さらに珍しい小型軽量かつ初心者向けの試験対策本「新TOEIC TEST 入門特急 とれる600点」というのもあり。

このレベルで試験対策していたら先伸びないんじゃないかとも思いますが、それでも目の前のTOEICで効率よく点を取るなら、試験対策は効率いい方法であるのは確かです。



これも珍しい小型軽量の模試本「新TOEIC TEST模試特急 200問一本勝負」。

時間を計って模試として解く上で、小さくてやりにくそうな気がしてこの本は買っていませんが、小型軽量なので通勤時などにやった後の復習がやりやすいというメリットはあるでしょう。
また、1回分だけ模試やっておきたいという場合に使えるでしょう。1回分だけの模試本って少ないですから。


試験対策本として今のところ最新の「新TOEIC TEST 総合対策特急 正解ルール55(CD付き) 」この本は新書版より大きいです。

出題傾向分析とテクニック解説のバランスが取れたなかなか良い試験対策本。他の試験対策本で見たことのない正解ルールなどもあり、中級者~TOEICオタクまで対応。模試1回分付き。



600点~730点狙いの模試付き試験対策本「新TOEIC TEST 総合模試特急 はじめてでもまるごと完成(CD付き)」。この本も新書版より大きいです。

はじめての受験者~比較的初心者向けに書かれた試験対策本。割と新しい狙いですね。
確かにキム本もヒルキ本も入門者にはレベルが高すぎるので、試験慣れしていない初心者こそ、試験対策本が効くはずなのにいい本がないという問題がありました。
「パート5は一問30秒で」とか、初心者には過酷です。
テクニックや回答のコツ、重要単語集など試験対策コンテンツが書かれており、模試も1回分付いています。初心者限定ですがいい本かも。


特急シリーズは、TOEICマス層の中級者向けが多いですが、上級者向けの「新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6」というのもあり。

文法特急とは著者が異なるため名前は違いますが、狙いや構成は同じ本ですね。問題は骨があり、間違えがちなものが集まっているので、頻出度はそれほどでもなさそうですが、取りこぼさないためにはこれくらいやらないとと言う感じです。

TOEIC「特急」シリーズ<1>

最近とても人気があるTOEIC本シリーズに「特急」シリーズというのがあります。
朝日新聞出版から出ているTOEIC本というのが微妙にしっくり来ませんが、新書版で小型軽量なので電車の中でも勉強しやすい社会人の味方シリーズです。 » Read more..

長本吉斉さんのTOEIC本(長本本)

出ている本は少ないですが、ファンが多い長本センセ。特に文法に関してはNo.1著者じゃないでしょうか。パート5、パート6の攻略だったら長本本が一番いいのではないでしょうか。 » Read more..

イ・イクフンさんのTOEIC本 (イクフン本)

キム・デギュンに続く韓国のTOEICカリスマとして日本上陸!のイ・イクフンさんですが、残念ながら故人です。しかし、イ・イクフンさんが作ったイ・イクフン語学院なる英語スクールがあるようなので、意思を継いだ本はこれからも出てくると思います。
ちなみに、このイ・イクフン外語院ですが年間に13万人が学ぶという超大手スクールみたいですよ。早稲田大学学生数の倍以上って凄いです。 » Read more..

キム・デギュンさんの本(キム本)

このキム・デギュンさんは、韓国のカリスマTOEIC講師のようです。特に出題傾向の分析が素晴らしい人で、TOEICの傾向分析から導き出された答え方のコツみたいなものが秀逸です。あんまり英語力を高めることには重きを置いていないところがいいですね。
また、傾向分析から出てきた頻出語句や頻出フレーズのセレクトがとてもいいので、 » Read more..

中村澄子さん本(澄子本)

TOEIC教材著者のうち、一番好きなの誰かといわれたら中村澄子さんでしょうか。
何が好きかというと、英語力を高めるとか眠たいことはかけらも言わずに、TOEICの点を上げることだけにフォーカスして考えてくれているところがいいですね。
特に回答テクニックに関しては最良の著者だと思います。 » Read more..

TOEIC公式問題集

TOEICの勉強は公式問題集に始まり、公式問題集で終わるといわれる最重要教材。
中身はTOEIC試験2回分の問題が本番と同サイズの紙に収められており、正解と解説が別冊となっています。また、TOEIC試験2回分の音声CD2枚が付属しています。
問題集というか模試が2回できる本ですね。 » Read more..