Archive for 勉強のやりかた

TOEICに向かない勉強法

TOEICはリスニングとリーディングの試験です。なので、スピーキングやライティングの能力は要りません。
発音が良かろうと悪かろうと点には関係ないわけで、それであれば発音を良くするトレーニングをするより、リスニングとリーディングのトレーニングした方が点になるでしょう。

TOEICは全て選択肢から選んでマークシートで回答します。ライティングもないので、単語の正確なスペルを知る必要はありません。聞き分けられて、見分けられれば十分です。書ける単語を増やすなら、その分聞き分けられて、見分けられる単語を増やした方が点が取れるでしょう。

TOEICはスラング等でませんし、ナマリの強いナレーターは出てきません。
スラングを知るより、TOEICに出そうな表現を知り、極端に速くないきれいな声に慣れたほうが点になります。

そう考えると、リピーティングやシャドーイングなどの音読系トレーニングは効率悪いのではないかと感じます。黙読より音読の方が時間がかかるので、一定の時間で読める量は黙読の方が多いはず。

恐らく、インプット能力のトレーニングはインプット量に比例するのではないかと思うので、音読は効率悪いのではないか説も持っていたりします。
電車じゃちょっと出来ないですしね。

あと、ディクテーション(音声の書き取り)も、ライティングの練習並びにリスニング能力のチェックアップとしての意味はありますが、書く作業に時間がかかってしまうので一定時間でのインプット量は減ります。
自分の頭の中で聞けたかどうか判断して、聞けなかったところを聞き返せばいいんじゃないですかね。
これも机がないとできないので、電車学習派にはできませんし。

勉強の素材で言えば、映画は単語、速度、発声などで、作品によりますが相当上級な素材なので、860点超える位までは、リスニングトレーニングにはならないでしょう。スラングばかり出てくる映画などとても不適です。
子供向けアニメなどは難しい単語こそ少ないものの、めちゃくちゃ速かったり、変な声だったり、幼児言葉交じりだったりでこれも不適です。

あと、聞き流すだけでリスニング力UPっていうのは多分無いと思います。集中しないとただのBGMなので英語だろうとアイヌ語だろうと多分一緒です。

リスニングの勉強であれば、自分のレベルに合った7割位理解できる、文章付きの音声素材を探し、聞き取れない部分をしつこくリピートして、音と字の関係を憶えていくことが一番いいと思います。

やりかたのコツは9割聞き取れればもう十分なので次行きましょうということでしょうか。”a””the”などの冠詞なんて聞き取れなくたってTOEICにはほぼ関係ないですし、更に”can”と”can’t”など意味が反対ですが、聞き分けができなくてもパート3やパート4なら文脈で分かることが多いですし。

音声素材としては、初級レベルでは中学英語→基礎レベルではDUO3.0の基礎用CD→その後はTOEIC参考書→英語ニュース等がいいのではないでしょうか。

パート7対策の速読トレということなら、ある程度単語を覚えたらその後はTOEIC本がいいですが、更にある程度読める人はWebのニュースサイトを読んだりしてもいいと思います。
Webだとオンマウス辞書が使えるので知らない単語が出てきても読みやすいですし。
NHK World
http://www.usatoday.com/

やる気の出ない時はスポーツとか好きな趣味の英語サイトを読んで勉強したことにするというのもたまにはいいんじゃないですか。そればかりじゃダメですけど。

TOEIC参考書に取り組む前に

私が一番言いたいのは、TOEICの勉強には効率の良い順序があるということです。
私はそれに気付くのが遅く時間を無駄にしたので、ここだけは強調しておきたい。

順番の基本はあたりまえですが「まず基礎から」です。

TOEIC学習をしている人は、TOEIC用の参考書を買って読んだりしていると思いますが、その参考書の文法事項の解説、用語も含めちゃんと理解できてますか? » Read more..

挫折しないために

挫折しやすいのが社会人の勉強ですが、挫折しにくくなる工夫をいくつか。

無理しない

張り切って高い目標を掲げるのは素晴らしいことですけど、意志の強さに自信がない人はあまり無理しないことを薦めます。
受験勉強していたころを思い出して気合を入れても、社会人だったとすれば、やはり仕事がありますから同じようにはできませんよ。

英語学習はどうしてもある程度の勉強時間が必要になってきますから、短期集中だけではムリ。勉強を継続することが欠かせません。 » Read more..

英単語の心理学的勉強法

アメリカの心理学者のジョージ・ミラーなる人によれば、人間が一度に記憶できるのは「7プラスマイナス2チャンク」だそうです。

Wikipediaのジョージ・ミラー

チャンクというのは「情報のカタマリ」みたいな意味でしょうか。

これは一度聴いてすぐ思い出すような時に、記憶できる情報の個数が平均すると7つ位で、人によってプラスマイナス2つまり5~9個ということのようです。
単位がチャンクとなっているのは、ばらばらの数字でも7つ、いくつかのアルファベットがくっついている人の名前でも同じように7人分が記憶の限度になるらしく、意味のカタマリであるこのチャンクが単位になるそうな。 » Read more..

TOEICの勉強に必要な道具

 

TOEICの勉強をするにはいくつか必要なもの、あるといいものがありますので挙げてみます。

 

ノイズキャンセリングヘッドフォン

電車や飛行機の中で勉強する人は、通常のヘッドフォンだと音楽は聴けたとしても英語のリスニングには全く使い物になりません。
車内の騒音に負けずに、聞き取れるだけの音量に上げたら音漏れで回りの人に迷惑ですし、耳が悪くなりそうです。
耳栓型のヘッドフォンならある程度雑音も音漏れも減らしてくれますが、特にうるさい地下鉄だとそれでも厳しいです。

しかし、世の中にはいいものがあります。「ノイズキャンセリングヘッドフォン」というものです。

これは、ヘッドフォンが外界の騒音をモニターし、それと逆の位相の音を出して騒音を打ち消すというもので、かなり騒音を小さくしてくれます。 » Read more..

社会人のTOEIC勉強時間

社会人がTOEICを勉強する場合、基本は隙間時間の活用だと思います。
今日から睡眠時間を削って毎日家で勉強するんだ!と意気込んでも、アクシデントによって出来ない日ができるとそれからずるずるとやらなくなり挫折というパターンが多いと思います。意気込みすぎるから続けられなくなるんです。
挫折せず続けるために、どうせ無駄に使っているスキマ時間をTOEIC学習にまわす位の負担の少ない勉強を薦めます。
特に社会人向けに、いつ勉強したらいいのかを書いてみます。

» Read more..