電車の中は悪くない勉強部屋

このエントリをつぶやくClip to Evernoteシェア

私のTOEIC勉強時間のおそらく7割位が電車の中だったのではないかと思います。幸か不幸か長距離通勤者なので乗っている時間も長いですし。
後になって思うのは、この電車の中で勉強する癖をつけたというのがなかなかよかったです。

この電車の中は考えてみると実はなかなか良好な勉強環境です。

  • 話しかけたりお願いをしに来る子供たちがいない。
  • 苦情を言ったり用事を言いつけたりする妻もいない。
  • 時間を浪費しがちなインターネット端末もない。
  • 仕事の書類は人が見てるので広げられないので仕事も出来ない。
  • 電話が鳴っても出なくていいというか出ないほうがマナー的に良い。
  • 気が散りやすいテレビもない。

こんな環境ほかにありますか?家族持ちの人なら分かると思いますが、これは相当いい環境ですよ。ぼーっとするか、寝るか、新聞や本読むか、メールするか、勉強するか位しかやることの選択肢がありませんから勉強しやすいはずです。

家で睡眠時間や家族との会話を削って勉強することに比べれば、電車の中での勉強は失うものがとても少ない。勉強しなきゃ損だと思いますよ。

電車勉強を上手く行かせるには電車内で他の行動ができなくすることをお勧めします。具体的には

  • TOEICに関係のない本や新聞を持ち込まない、どうしても新聞読みたければ中級者以上なら英字新聞と電子辞書をどうぞ。
  • TOEICに関係のない音楽を持ち込まない。MP3プレーヤーは英語専用機とし、音楽を入れない。
  • ネットを見ない。このためスマートフォンをいまだに持っていません。

電車はうるさいという難点はありますが、そんなのノイズキャンセリングヘッドフォンすれば全然平気です。

座れない場合は公式問題集など重い本はややしんどいですが、「1日1分」シリーズ「特急」シリーズなら軽いので平気です。

僕の場合老眼なので、距離を離さないと見えないので混んでいる電車では厳しかったりしますけど。

更に、出張で新幹線乗る時などはもう最高の勉強環境です。机もありますから、模試までできちゃいます。TOEICの直前に出張ないかなと思っていたのですが、残念ながらなかったですね。出張ならホテル勉もできますし。
ホテル勉はいいですよ。作家が締め切り前にホテルにカン詰めにされるというのは良く分かります。邪魔が入らなくて効率最高ですから。

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをつぶやくClip to Evernoteシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です