Archive for 2012年8月28日

「ただのサラリーマンが時間をかけずに半年でTOEICテストで325点から885点になれたラクラク勉強法」を読みました

題名がとっても長いこの本、長すぎて上手く略称にすることもできない位長い。しいて略すのなら「ただラク」か「ただべん」位でしょうか?良く売れているようですね。

これは教材ではなく、多少の攻略法も含まれてはいますが基本的には勉強法が書いてある本です。
作者は英語関係者ではなく、題名の通り普通のサラリーマンで、”TOEIC満点”とかのすごい人ではなく925点ほど取っている実力の人のようです。僕と同じですね。
このため、題名の885点というのは過少広告です。
TOEICのスコア分布は500点台が山になっているので少し低めに出しておいた方がよく売れるということでしょうか。

この本で紹介されている勉強法の特徴は、「TOEICに出ることだけやる」「基礎からやる」「スキマ時間でやる」と言ったところでしょうか。

「TOEICに出ることだけやる」というのは、リスニングとリーディングだけやり、スピーキングやライティングを無視するということだったり、スラングや英字新聞レベルの難しい単語や文はやらないという意味です。
確かにスピーキングはTOEICには関係ないので、発音を良くしてもスコアには影響しないし、ライティングもないのでスペルをしっかり憶えなくても構わない(私はthroughとthoughを見間違えて混乱したことあります。書けなくてもいいけど見てわからないとマズイかな)。
こんな感じで、色々と割り切って捨てて勉強効率を上げるというのはTOEICのスコアアップだけを目的にすれば合理的です。合理的すぎてそれでいいのかとツッコミたくなりますが、間違ってはいないですね。

「基礎からやる」というのは同感です。基礎が抜けていると伸びませんし、基礎だけでもTOEIC程度の簡単な英語ならかなり対応可能ですしね。難しい文法事項やパート5の語彙問題レベルの難しめ単語を知っていてもなかなかTOEICに出ませんから、それより簡単な英語を高速で処理できる方がよっぽどスコアにつながります。

「スキマ時間でやる」というのは言われなくてもサラリーマンのTOEIC受験者はみんなやってると思いますが、「ランニングしながら英語を聞く」など徹底していますね。

その他、先読みやDirectionsの時間の使い方など試験の攻略法の解説や、推奨教材などが書いてあります。推奨教材は公式問題集など私とかなり被ってますね。

TOEICを何回も受けているTOEIC通の方や上級者、また、TOEICではなく英語を勉強したい人にはあまり役立たないと思いますが、手っ取り早くTOEICで700点位取りたい人には多分いい本なのではないかと思います。