Archive for 2011年8月30日

TOEIC初心者は中学英語参考書で復習を

いい大人が中学英語かよ!ってちょっと抵抗を感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、500点行かない人には、本当に中学英語の復習から入ることをお勧めします。
TOEIC用参考書の解説が理解できるようになりますし、中学でやる英語はTOEICはもちろんどんな英文でも頻出の単塾語だけでできていますから、ここを押さえておくとリーディングもリスニングも楽になるはずです。 » Read more..

TOEIC参考書に取り組む前に

私が一番言いたいのは、TOEICの勉強には効率の良い順序があるということです。
私はそれに気付くのが遅く時間を無駄にしたので、ここだけは強調しておきたい。

順番の基本はあたりまえですが「まず基礎から」です。

TOEIC学習をしている人は、TOEIC用の参考書を買って読んだりしていると思いますが、その参考書の文法事項の解説、用語も含めちゃんと理解できてますか? » Read more..

挫折しないために

挫折しやすいのが社会人の勉強ですが、挫折しにくくなる工夫をいくつか。

無理しない

張り切って高い目標を掲げるのは素晴らしいことですけど、意志の強さに自信がない人はあまり無理しないことを薦めます。
受験勉強していたころを思い出して気合を入れても、社会人だったとすれば、やはり仕事がありますから同じようにはできませんよ。

英語学習はどうしてもある程度の勉強時間が必要になってきますから、短期集中だけではムリ。勉強を継続することが欠かせません。 » Read more..

英単語の心理学的勉強法

アメリカの心理学者のジョージ・ミラーなる人によれば、人間が一度に記憶できるのは「7プラスマイナス2チャンク」だそうです。

Wikipediaのジョージ・ミラー

チャンクというのは「情報のカタマリ」みたいな意味でしょうか。

これは一度聴いてすぐ思い出すような時に、記憶できる情報の個数が平均すると7つ位で、人によってプラスマイナス2つまり5~9個ということのようです。
単位がチャンクとなっているのは、ばらばらの数字でも7つ、いくつかのアルファベットがくっついている人の名前でも同じように7人分が記憶の限度になるらしく、意味のカタマリであるこのチャンクが単位になるそうな。 » Read more..

TOEICの勉強に必要な道具

 

TOEICの勉強をするにはいくつか必要なもの、あるといいものがありますので挙げてみます。

 

ノイズキャンセリングヘッドフォン

電車や飛行機の中で勉強する人は、通常のヘッドフォンだと音楽は聴けたとしても英語のリスニングには全く使い物になりません。
車内の騒音に負けずに、聞き取れるだけの音量に上げたら音漏れで回りの人に迷惑ですし、耳が悪くなりそうです。
耳栓型のヘッドフォンならある程度雑音も音漏れも減らしてくれますが、特にうるさい地下鉄だとそれでも厳しいです。

しかし、世の中にはいいものがあります。「ノイズキャンセリングヘッドフォン」というものです。

これは、ヘッドフォンが外界の騒音をモニターし、それと逆の位相の音を出して騒音を打ち消すというもので、かなり騒音を小さくしてくれます。 » Read more..

社会人のTOEIC勉強時間

社会人がTOEICを勉強する場合、基本は隙間時間の活用だと思います。
今日から睡眠時間を削って毎日家で勉強するんだ!と意気込んでも、アクシデントによって出来ない日ができるとそれからずるずるとやらなくなり挫折というパターンが多いと思います。意気込みすぎるから続けられなくなるんです。
挫折せず続けるために、どうせ無駄に使っているスキマ時間をTOEIC学習にまわす位の負担の少ない勉強を薦めます。
特に社会人向けに、いつ勉強したらいいのかを書いてみます。

» Read more..

TOEIC攻略4つのポイント

TOEICを受けるのであれば、この4つに注意して勉強をすすめていくといいんじゃないかと思います。

 

TOEICは時間管理が最重要

一問平均36秒の回答時間なので、本当に忙しい試験。速読力に加えて、文法問題などは反射的に答えていける問題を増やしたいし、本番で分からない問題があっても悩まずエイヤッとカンで速攻マークして、そのことはもう忘れて次の問題に行く割り切りが必要。迷ったり悩んじゃダメ。

» Read more..

TOEICの問題構成

TOEICの試験問題はリスニングがパート1、パート2、パート3、パート4。

リーディングがパート5、パート6、パート7で構成されています。

パートごとに軽く解説しておくと

 

パート1が写真描写問題 10問

1枚の写真について4つの短い説明文が1度だけ放送される。説明文は印刷されていない。4つのうち、写真を最も的確に表してしている説明文を選び解答用紙にマークする。
TOEICでもっとも簡単と言われるパートだけど、いやな引っ掛けが仕込まれていて間違うこともけっこうある。 » Read more..

TOEICテストの内容

TOEIC試験はリスニングとリーディングのパートに大きく分けられます。

どちらのパートも、5点~495点までの点数が付けらられ、この2つのパートの点を合計したものが総合得点ということになります。

英検のように合否という概念はないので、何らかの結果は残ります。不合格になってしまうと何も残りませんが、TOEICはとりあえず結果が出るのは嬉しいですね。 » Read more..

そもそもTOEICって何?

TOEICとは”国際コミュニケーション英語能力テスト(Test of English for International Communication)の通称です。

「トイック」とか「トーイック」と読みます。”TOIEC”とスペルミスされることが多いですね。

このTOEICは、英語を母語としない者を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を計るための試験で、世界120カ国で実施され、一年間で600万人が受験しているようです。

TOEFLと同じく米国のETS(Educational Testing Service)というNPOが問題を作成しています。
» Read more..